本の出版

7種類の本の出版会社

出版プロセスの一環として原稿を編集する男性。

•••

マイカ/ゲッティイメージズ

主に本の市場に応じて、さまざまな種類の本の出版社があります。私たちはしばしば「貿易」出版社、書店で一般的に見られる本を出版する出版社について考えますが、学術出版社、専門出版社、そしてもちろん自費出版サービスもあります。あなたが作家になることを熱望するか、夢を見るかどうか 就職 社説では、さまざまな種類の本の出版社について知っておく必要があります。

トレードブック出版社

貿易書の出版社は、実店舗で目にする可能性が最も高い本を取得、編集、作成、発行、販売します。これらは、消費者向けの本を作成する伝統的な出版社です。従来の貿易出版社の社内構造と組織はさまざまですが、それぞれが一般に、さまざまな形式(ハードカバー、トレードペーパーバック、マスマーケットペーパーバック、電子書籍、オーディオブック)、および幅広いトピックとジャンルで書籍を出版しています。

一部の貿易書出版社は、教科書出版社も所有している可能性のある大規模なメディアエンティティの一部であることに注意してください。米国には多くの貿易出版社がありますが、主要な出版社は「 ビッグファイブ '本の出版社。

ブックパッケージング業者とブック開発者

ブックパッケージング業者は、貿易出版社の出版社の出版社の下で出版される本の作成を専門とする会社です。別の見方をすれば、出版社は自分たちの本の開発を「アウトソーシング」しているということです。成人向けの出版では、パッケージ化された本には多くの写真やイラストが含まれることが多く、出版社は、ボリュームを自分で作成して作成するよりも、すでに作成された本を購入する方が費用効果が高いと考えています。いくつかのヤングアダルトフィクションシリーズもパッケージ化されています。

ブックパッケージング業者は、本(または一連の本)のアイデアを開発し、そのコンセプトを出版社に販売します。その後、パッケージャーはすべての 社説製造 出版社のために働き(プロセスの主要な時点で出版社の承認を得て)、通常、完成した本を出版社の倉庫に直接発送します。

場合によっては、パッケージャーがファイルを提供し、本の出版社が本を印刷して製本します。ブックパッケージングの名前は通常、本を購入する消費者にはわかりませんが、通常、タイトルページのどこかにパッケージングの表示があります。

パッケージングされた本の著者は、一般的に「職務著作」として契約されています。つまり、定額料金が支払われ、書籍の販売に対してロイヤルティが支払われることはありません。ブックパッケージングの例は、サンフランシスコを拠点とするウェルダンオーウェンです。

「お買い得な」本の出版社

これらの出版社は、書店の「お買い得」セクション用に、低価格の本や本に関連する製品(カレンダーや本を含むアクティビティキットなど)を作成します。低価格のノンフィクションの本は、通常、非常によく描かれています(お土産の本、工芸品の本)。フィクションには、著名で多作な作家によるいくつかの小説の束縛や、パブリックドメインの古典の復刻版が含まれています。販促用の本の出版社の中には、残りの貿易本を購入して再販売するものもあります。

この市場向けにオリジナルの本を書く著者は、ほとんどの場合、職務著作契約を結んでいます。この市場に転載されている確立された著者は、彼らの転載条項の下でそうしています 出版契約 そして彼らの仕事に対してロイヤルティを受け取ります。

教科書出版社と学術出版社

教科書の出版社は、通常、特定のコースのシラバスを念頭に置いて、学校や大学の教室向けの本を作成します。教科書の出版社は、「小学校」と「高校」の組み合わせである「elhi」と呼ばれます。

主要な教科書の出版社は、McGraw-Hill、Pearson、Reed Elsevier、およびHoughtonMifflinです。

プロの出版社

専門の出版社は、信頼できる広く受け入れられている情報と標準にアクセスする必要がある専門家のために本とデータベースを作成します。これらには、会計士、建築家、医師、弁護士、心理学者が含まれます(ただしこれらに限定されません)。これらの本のデータ量と定期的に更新される情報の必要性のために、この情報の多くは主に本の形式からオンラインアクセスに移行しました。プロの出版社の例はジョン・ワイリーです。

自費出版サービス

一般に、自費出版は、どのような名前でも、著者が自分の本を印刷物またはオンラインで閲覧でき、聴衆がアクセスできるようにします。ただし、伝統的に「出版される」ことと、自費出版サービスによってあなたの本を制作することとの間には明確な違いがあります。

とはいえ、自費出版にはさまざまな理由がありますが、多くの場合、著者は、一般消費者に対する自分の本の魅力が、従来の貿易出版社がチャンスをつかむのに十分なほど明白でない場合にそうすることを選択します。さまざまな自費出版社やバニティ出版社は、出版プロセスに対してさまざまなレベルの支援とサポートを提供していますが、自費出版サービスには、著者が支払う代償が伴います。

自費出版サービスには、Lulu.com、Barnes&NobleのNOOK Press、Blurb、iUniverseなどがあります。

ハイブリッドパブリッシャー

ハイブリッド出版社のサービスは、自費出版会社と従来の出版社の間のどこかにあります。ハイブリッドパブリッシャーは、用語が大きく異なります。それでも、彼らは通常、著者にある程度の社内編集の専門知識と配布サポートを提供し、本の販売から生じる利益を共有します。ハイブリッドパブリッシャーの例としては、SheWrites、Entangled、Booktropeなどがあります。