本の出版

本の進歩とロイヤルティの仕組み

出版社が著者に彼らの仕事に対してどのように支払うかを理解する

日記に書いている女性

••• Jose Luis Pelaez Inc /ゲッティイメージズ

本の使用料と本の前払いは、出版社が著者に作品の代金を支払う手段です。以下は、用語の意味と、書籍の使用料と前払いがどのように機能するかについての簡単な概要です。

本の使用料とは何ですか?

本の出版社が著者と本の出版を契約する場合、本質的に、著者(著作権所有者)は、合意された金額で作品を出版する権利を出版社に付与します。このお金はロイヤルティと呼ばれ、売上のパーセンテージとして表されます。 (ほとんどの貿易書出版社の慣習は、本の定価に使用料を支払うことです。)

本の配達と権利の割り当てに関連するポイントと同様に、ロイヤルティ率は本の契約に概説されています。書籍の出版社は、作品のさまざまな版(ハードカバー、ペーパーバックなど)の使用料の料金を標準化しています。

本の使用料の計算方法

次に例を示します。本の場合 ブルータス、私の最愛のシュナウザー の定価は10ドルで、書店の販売に対するロイヤルティ率は10%です。その場合、著者は書店で販売される本ごとに1ドルを獲得します。

これは非常に単純化された例であることに注意してください。伝統的に出版された著者は、 さまざまな種類の本の販売子会社の権利販売 そのため、上記の数値ほど整然とはなりません。

ロイヤルティに対する前払い

出版社や著者が通常「本の前渡金」と呼ぶのは、「ロイヤルティに対する前渡金」です。

ほとんどの伝統的な出版社は、著者にロイヤルティに対する前払いを与えます。つまり、彼らは、本が稼ぐと思う金額に基づいて、著者に金額を「進め」ます。

ロイヤルティに対する前払いの金額は、多くの要因に基づいています。出版社の規模、市場での同様の書籍の過去の実績。著者の実績と 著者プラットフォーム または両方;そして本の話題性。
本の前払いの金額は、小さな出版社の新しい著者のための千ドルから大ヒット作のための数千万ドルまで及ぶことができます ニューヨーク・タイムズ 巨大なファンベースを持つベストセラー作家。

前払い金は通常、書籍開発プロセスの特定の時点で分割払いで支払われます。たとえば、「[契約]署名時」、「原稿の配達時」、「原稿の受理時」などです。これは、のさまざまな条項で概説されています 本の契約

本の進歩を「稼ぐ」

本は、その販売からの著者の使用料が出版社が著者に支払った前払いを上回ったときに、その前払いを「稼いだ」と言われています。

たとえば、著者の ブルータス、私の最愛のシュナウザー 5,000ドルの前払いを受け取り、1冊あたり1ドルの割合でロイヤルティを獲得しています。本が「獲得した」と言われる前に、5,000部の本を販売する必要があります。

出版業界の慣習では、書籍は返品可能であると定められているため(販売の種類によって別の方法であると見なされない限り)、出版社はわずかな「予約」の割合を取ります。つまり、返却された本の手当です。 (本が新しい場合、多数の本が返品されるリスクがより一般的です。短期間で販売されないもののほとんどは、出版社に返されます。)

ロイヤルティの支払いと小切手

本が稼いだ後、その本が印刷されていて販売されている限り、著者は定期的にロイヤルティ小切手を受け取ります。ロイヤリティ小切手は、定期的かつ定期的なスケジュール(通常は年に2回)で発行者から送信されます。彼らを代表する著作権エージェントを持っている著者の場合、小切手はエージェントを通過し、エージェントは小切手を著者に送信します。ロイヤルティからエージェントのパーセンテージを差し引いたものです。ロイヤリティチェックが来る日は、著者の人生の中で幸せで幸せな日です。

出版社から直接であれ、著作権代理人を通じてであれ、使用料の小切手には常に、各カテゴリで販売された本の正確な量を概説した使用料明細書を添付する必要があります。
業界の慣習では、本のパフォーマンスが低い場合、著者は いいえ ロイヤルティの未稼得部分を返済する必要があります。

免責事項:この記事の目的は、非常に一般的な本の進歩と王族の基本をレイアウトすることですが、この記事の著者は作家であり、著作権代理人や弁護士ではないことに注意してください。この内容を考慮する必要はありません。権威ある法的助言の代わりとなる記事。前払金とロイヤルティを交渉している場合は、 文学エージェント と弁護士またはその両方。 全米作家協会 メンバー向けの契約審査サービスを提供しています。