雇用法

プロフェッショナルな職場でビジネスをフォーマルにドレスアップする方法

ドレスコードの作成に役立つビジネスフォーマルドレスコードのサンプル

フォーマルなビジネス服を着たビジネスマンのグループ。

••• Westend61 /ゲッティイメージズ

目次拡大目次

サンプルビジネスフォーマルプロフェッショナルドレスコードポリシー

正式な設立におけるあなたの会社の目的 仕事のドレスコード 私たちの従業員が私たちを信頼し、私たちの能力を信頼するために私たちのクライアントと顧客のニーズに沿ったプロのイメージを投影できるようにすることです。

私たちの業界では信頼できるビジネスプロフェッショナルの登場が求められており、オフィスサイトでは日常的にクライアントにサービスを提供しているため、従業員にはより正式なドレスコードが必要です。 (見る 適切なプロの服装の関連写真 ビジネスのフォーマルドレス環境で。)

私たちのガイダンス、インプット、および専門的なサービスを求めるクライアントのために、信頼できる知識豊富なビジネス専門家のイメージを投影する必要があります。したがって、私たちの正式なビジネス服装のガイドラインは、私たちが大切なクライアントとの維持と強化を望んでいる成功した関係をサポートしています。このドレスコードは、あなたが知っておくべきことを教えてくれます 私たちのビジネスフォーマルオフィスでプロのドレス 環境。

フォーマルドレスコードガイドライン

フォーマルなビジネス環境では、男性と女性の服装の標準は、スーツ、ジャケット、パンツまたはスカート、または適切なアクセサリーと組み合わせたドレスです。

胸の谷間が多すぎる衣服、背中、胸、足、お腹、または下着は、ビジネスの場には適していません。私たちの職場環境では、衣服は圧迫され、しわが寄らないようにする必要があります。破れた、汚れた、または擦り切れた衣服は受け入れられません。すべての継ぎ目を終了する必要があります。他の従業員や顧客に不快感を与える可能性のある言葉、用語、または写真を含む衣服は受け入れられません。

非公式のドレスダウン日のドレスコード

特定の日、通常は金曜日はドレスダウン日と宣言できます。これらの日、 ビジネスカジュアル 、他人に不快感を与える可能性のある衣服は決して着用できませんが、許可されています。会社のロゴが入った服装をお勧めします。

スポーツチーム、大学、および衣料品のファッションブランド名は一般的に受け入れられます。ただし、その分裂的な性質のために、宗教的、潜在的に物議を醸す、または政治的組織と提携している服を着ることはお勧めしません。私たちのビジネスフォーマルプロフェッショナル ドレスコードは職場の調和に貢献する必要があります 。従業員のドレスダウン日もこの一般的な規則の例外ではありません。

クライアントがドレスダウンの日に予期せず現れた日、特にクライアントがスーツを着て現れた場合は、オフィスにジャケットを置いておきたいと思うかもしれません。

正式なビジネス服装の要件

これは、適切な正式なビジネス服装の概要です。リストには、正式なビジネス服として一般的に受け入れられているものと、正式なビジネス服として一般的に受け入れられていないものが示されています。

ドレスコードはすべての不測の事態に対応できるわけではないため、従業員は 仕事に着る服の彼らの選択 。仕事で受け入れられるプロのフォーマルな服装について不確実な場合は、上司に尋ねるか、人材派遣スタッフに相談してください。

スラックス、パンツ、スーツパンツ

Dockersや他の綿や合成素材のパンツ、ウールパンツ、フランネルパンツ、スーツジャケットに合うパンツ、見栄えの良いドレス合成パンツに似たスラックスは、ビジネスフォーマルな作業環境で受け入れられます。

不適切なスラックスやパンツには、非公式すぎるものが含まれます。これには、ジーンズ、スウェットパンツ、エクササイズパンツ、バミューダショーツ、ショートパンツ、ショートパンツ、ビブオーバーオール、レギンス、スパンデックス、またはエクササイズやサイクリングに着用するその他の体にフィットするパンツが含まれます。 (これらは、ドレスダウンの日にプロのドレスとしても許可されていません。)

スカート、ドレス、スカートスーツ

ドレス、スカート、ジャケット付きスカート、ドレッシーなツーピースニットスーツまたはセット、膝または膝下で分割されたスカートは許容されます。ドレスとスカートの長さは、人前で快適に座れる長さにする必要があります。

太ももの真ん中まで乗る短くてタイトなスカートは仕事には不向きです。ミニスカート、スコート、サンドレス、ビーチドレス、スパゲッティストラップのドレスは、着替えるときに着用するのは不適切です。 専門的にオフィスのために

シャツ、トップス、ブラウス、ジャケット

シャツ、ドレスシャツ、セーター、トップス、タートルネックは 仕事に適した服装 彼らがフォーマルでプロフェッショナルなドレスの外観に貢献するなら。ほとんどのスーツのジャケットやスポーツコートも、オフィスに適したプロのドレスです。

専門的な職場に不適切な服装には、タンクトップが含まれます。ミッドリフトップス;不快感を与える可能性のある言葉、用語、ロゴ、写真、漫画、またはスローガンが含まれるシャツ。ホルタートップ;裸の肩または急落したネックラインのあるトップス。ゴルフタイプのシャツ;スウェットシャツ;とTシャツ。

靴と履物

保守的なウォーキングシューズ、ドレスシューズ、オックスフォード、ローファー、 ブーツ 、フラット、ドレスヒール、バックレスシューズは仕事に適しています。ストッキングや靴下を履かないのは不適切です。運動靴、テニスシューズ、ひも、ビーチサンダル、スリッパ、およびつま先が開いたカジュアルシューズは、オフィスでは使用できません。

アクセサリーとジュエリー

上品でプロフェッショナルなネクタイ、スカーフ、ベルト、ジュエリーをお勧めします。ジュエリーは、目に見えるボディピアスを制限して、味の良いものを着用する必要があります。

メイクアップ、香水、ケルン

プロの外見が奨励され、過度の化粧はプロではありません。一部の従業員は香水や化粧品に含まれる化学物質にアレルギーがあるため、これらの物質は控えめに着用してください。

帽子とヘッドカバー

帽子はオフィスでは適切ではありません。宗教的な目的や文化的伝統を尊重するために必要なヘッドカバーは許可されています。

ビジネスのフォーマルドレスコードポリシーに従わなかった場合の結果

従業員のマネージャーと人材育成スタッフが判断したように、衣服がこれらの基準を満たしていない場合、従業員は不適切なアイテムを着用して再作業しないように求められます。

問題が解決しない場合、従業員は着替えのために家に送られ、 口頭での警告 最初の違反のために。他のすべて 個人的な時間の使用に関するポリシー 適用されます。 進歩的な懲戒処分 ドレスコード違反が続く場合に適用されます。

他のポリシーと同様に、ポリシーを従業員に配布する前に、雇用法の弁護士がこの正式なドレスコードを実行することをお勧めします。また、この正式なビジネスウェアが、作業環境に最も適したワークドレスコードであることを確認する必要があります。

提供された情報は信頼できるものではありますが、正確性と合法性を保証するものではないことに注意してください。このサイトは世界中の聴衆に読まれ、 雇用法 規制は州ごと、国ごとに異なります。 法的支援を求めてください 、または州、連邦、または国際的な政府のリソースからの支援により、あなたの法的解釈と決定があなたの場所に対して正しいことを確認します。この情報は、ガイダンス、アイデア、および支援のためのものです。