本の出版

バニティプレスと今日の自費出版

テクノロジーは出版業界を変えました

自宅でコンピューターで作業しているライター

••• フィラデルフィア/ゲッティイメージズ

「バニティパブリッシング」または「補助金出版」は、出版社(「バニティプレス」または「補助金出版社」)が著者のために有料で本の製本されたコピーを作成する取り決めを表します。通常、販売支援の約束はなく、補助金発行者は売上の一定の割合を維持しません。

多くの類似点がありますが、「自費出版」(「DIY出版」または「インディー出版」とも呼ばれます)は、著者が自分の作品をトレードブックマーケットプレイスに出版するプロセスを指す最近の用語です。 、幅広い視聴者に販売したいと考えています。金銭的な取り決めは大きく異なりますが、ほとんどの場合、作品の配給業者は収益の一部を保持します。

バニティパブリッシング:いくつかのコンテキスト

バニティプレスは、著者が2つの表紙の間に自分の希望するコンテンツをバインドできるようにするために長い間存在してきました。バニティプレスは通常、家族の系図、企業の歴史、または資金調達に使用される詩やコミュニティの料理本の個人的なコレクションなど、限られた聴衆の本のコピーを作成するために従事してきました。

以前は、電子書籍やオンデマンド印刷技術が登場する前は、バニティプレスは、著者が自分の本のかなりの数のコピーを事前に購入することを要求していました。従来の本の印刷と製本プロセスの技術的限界、および本の生産の経済的現実により、小規模な虚栄心の出版は高価な提案になりました。そして、出版社は伝統的に本の配布、本のマーケティング、または宣伝のサポートの方法で多くを提供しなかったので、友人や家族の小さなサークルを超えて販売を期待していた素朴なまたは知識のない著者は時々地下室やガレージに直面しました残りのバニティプレス本の。

自費出版専門家は、出版サービスにお金を払っても構わないと思っている人々に社説から製本への製本サービスを提供するためにまだ存在しています。従来のバニティパブリッシャーは、フルサービスのパブリッシングエクスペリエンスを必要とする企業や個人にとっては依然として選択肢となる可能性があります。物理的なハードカバーの印刷本を聴衆に配りたい人。そして、サービスのプレミアムを支払う手段を持っている人。バニティプレスとフルサービスの自費出版サービスの間にはいくつかのクロスオーバーがあります。

バニティパブリッシングと自費出版

21世紀には、テクノロジーによって、従来の出版社からのトレードブックと同じ市場に作品を配布することが可能になりました。

オンデマンド印刷機(多くの場合、書店で入手可能)を使用すると、著者は少量の印刷された自費出版の本を印刷して製本することができます。今では、著者は自分が残したいものを作成するだけでよく、1人の読者でも「オンデマンド」で1冊の本を購入できます。

デジタル技術により、電子書籍のアップロードと配布が簡単かつ安価になり、ライターは印刷費用をかけずにリーダーの手に出版することができます。これにより、電子書籍と印刷物の両方の書籍の配布とマーケティングの方法も変わりました。

  • インターネット書籍の販売および流通チャネル - Amazon.comが始めたインターネット販売および流通チャネルは、印刷本の消費者への販売方法を劇的に変えました。オンライン小売業者は、選択したサービスを通じてアップロードされた電子書籍の販売チャネルも作成しています。たとえば、Barnes&Noble Pressは、電子書籍と印刷物の自費出版サービスを提供しています。オンデマンド印刷サービス(Blurbなど)を使用すると、誰でも簡単にWebサイトから印刷された本を注文でき、オンデマンド印刷の代替のアクセスしやすいオンライン販売チャネルも作成されています。
  • オンライン書籍のマーケティングと宣伝 - 定期刊行物としてのブログやソーシャルメディアの急増など、他のデジタルの力により、知識のある著者がインターネットチャネルを通じて低コストで自分の本を宣伝することが可能になりました。成功裏に自費出版され、自己宣伝された電子ブックの著者の例は、超常現象のジャンルで書いているアマンダホッキングです。これらの要因は、バニティパブリッシングの状況を変え、自費出版を、自分の作品を売りたいが、 文学エージェント 彼らまたは彼らの本を出版するための伝統的な貿易会社を代表するために。

その結果、自費出版会社が急増しました。その多くは、iUniverseのように、あらゆるものに匹敵する包括的なサービスを提供しています。 トレードパブリッシング 家。しかし、自費出版を成功させるには、おそらく(そしてそうすべきである!)費やしたのと同じくらい多くの研究、仕事、知識が必要です。 本を書く —特に本の内容の強さで見知らぬ人にそれを売るつもりであるならば。