基本

競業避止義務とは何ですか?

競業避止契約の定義と例

競業避止義務

バランス/ダニエ・ドランクウォルター

競業避止義務は 従業員と雇用者の間の契約 従業員は、雇用中または雇用後に雇用主と競争しないことに同意します。これらの法的契約は、従業員が雇用主と直接競争していると見なされる市場や職業に参入することを防ぎます。

雇用主がこれらの契約を使用する理由と、通常含まれているものの詳細をご覧ください。

競業避止義務とは何ですか?

競業避止契約とは、従業員が一定期間、競争相手として働くこと、または競争相手になることを禁止する契約です。

競業避止契約は、雇用主と従業員の関係が終了し、雇用主が、同じ市場の競合他社で働いているか、同じ分野で別の事業を開始しているかにかかわらず、従業員が次のポジションで彼らと競争することを防ぎたい場合に施行されます(および 会社の労働者を募集する 彼らと一緒に去る)。

コンサルタントと 独立請負業者 会社との関係を終了する人は、分離後の競争を避けるために競業避止義務の対象となることがよくあります。

雇用主はまた、元従業員が業務、顧客、顧客、公式、価格設定、戦略、給与、方法と慣行、アイデア、将来の製品、または広報とマーケティング計画に関する秘密や機密情報を明らかにすることから身を守るために非競争協定を求める場合があります。

  • 別名 :競業避止義務、競業避止義務、競業避止義務、競業避止義務

競業避止義務の仕組み

競業避止義務は、全体として、すべての当事者にとって公正かつ公平でなければなりません。強制力があると見なされるには、特定の情報が必要です。

  • 契約が開始される発効日
  • 協定を成立させる理由
  • 従業員が競争的な意味で働くことを禁じられる特定の日付および契約の対象となる場所
  • 条件に同意したことに対して非競合当事者がどのように補償されるかに関する詳細

競業避止義務は通常、一定期間有効です。 雇用終了後

雇用主は現実的なスケジュール内でのみ競業避止契約を設定でき、元従業員がその分野でのキャリアを促進することを恒久的に妨げることはできないため、契約の発効日を事前に決定し、弁護士に相談してください。

競業避止義務が法的拘束力を持つかどうかに関して、時には課題があります。簡単な答えはありません。ケースごとに異なります。

競業避止契約は通常、従業員が働くこともできないこともある明確で現実的な地域、または従業員が現場で再び働き始めるまでに経過しなければならない正確な時間など、合理的な制限がある限り、法的拘束力があると見なされます。

ただし、競業避止契約の有効性は州によって異なります。 いくつかの州 カリフォルニア、ノースカロライナ、オクラホマなどは、これらの契約を完全に無視しますが、他の人は、どのキャリアが企業にとってよりリスクが高いかを選択し、したがって、そのような契約の対象となる可能性があります。

競業避止義務の例には、特定の製品またはサービスを提供する市場でそのような会社が2つか3つしかない会社が含まれる場合があります。会社は、営業担当者が直接の競合他社に行き、顧客リストを持って行こうとすることを望まないため、営業担当者に競業避止契約に署名するように依頼する場合があります。

別の例としては、開発者が開発中の製品に関する詳細な知識を共有できる競合他社に行くことを望まないソフトウェア会社が含まれる場合があります。

競業避止契約の長所と短所

長所
  • 企業の企業秘密を保護します

  • 離職率を下げる可能性があります

  • 費用のかかるトレーニングを提供するように雇用主にインセンティブを与える可能性があります

短所
  • 労働者の交渉力を減らすことができます

  • 労働者が彼らの専門知識を持って、完全に畑を離れる原因となる可能性があります

長所の説明

  • 会社の企業秘密を保護します。 競業避止契約は、従業員が機密情報を競合他社に持ち込むことを妨げる可能性があります。
  • 離職率を下げる可能性があります: 競業避止義務のある会社は、転職の意欲が低い労働者に適している可能性があります。
  • 費用のかかるトレーニングを提供するように雇用主にインセンティブを与える可能性があります。 従業員が費用のかかるトレーニングから学んだスキルを取得して別の会社に持ち込む可能性は低くなります。

短所の説明

  • 労働者の交渉力を減らすことができます: 労働者の推定37%は、仕事を始めた後、レバレッジがほとんどなく、他の機会への扉を閉ざしたときに、競業避止契約に署名するよう求められます。
  • 労働者が専門知識を持って、完全に畑を離れる可能性があります。 非競争者は、トップの才能が彼らのスキルと経験を使用することを妨げ、本質的に彼らをフィールドから追い出すことによって、労働力に悪影響を与える可能性があります。

重要なポイント

  • 競業避止契約とは、従業員が仕事上の関係が終了した後、一定期間、雇用主のために働くこと、または雇用主の競争相手になることを遅らせる契約です。
  • これらの協定の執行可能性は州によって異なり、一部の州はそれらをまったく執行しません。
  • 非競争者は、法律顧問によってレビューされ、過度に制限されたり、従業員に害を及ぼしたりしていないことを確認する必要があります。

記事の出典

  1. 米国財務省経済政策局。 ' 競業避止義務:経済効果と政策への影響 、 'ページ3。2020年7月6日にアクセス。

  2. NOLO。 ' 競業避止義務を理解する 。」 2020年7月6日にアクセス。